Copyright 2021 Activation Strategy, CDI affiliated company

T.H T.H

PEOPLE 03

少数精鋭だから、チャレンジの機会は無限にある

T.H

2021年入社 コンサルタント 前職:情報通信系

01/03

誰でもできるルーティングワーク
よりも、
オリジナルの
クライアントワークを

私は、社会人3年目で情報通信系の事業会社からキャリアチェンジしました。転職のきっかけは、同じ業務を繰り返すよりも、もっと幅広く色んな経験を積みたかったから。案件ごとにテーマが異なるクライアントワークがしたくて、コンサルタントの仕事に興味を持ちました。他の人でもできる仕事を繰り返すだけの役割に収まるよりも、自分ならではの価値を発揮できる人になりたくて。

入社して約2年。アクティベーションストラテジーで良かったと思うのは、中長期的に育成しようというスタンスでコンサルタントを見てくれることです。全くの未経験から転職した私の意見にも耳を傾けてくれる。人にはそれぞれ強みと弱みがあることを前提に、弱みを批判するのではなく個性として受けとめた上で前向きにどうすべきか会話してくれる。いわゆる「UP or OUT」の文化ではなく、人の可能性を信じ、成長を見守ってくれる環境だと感じています。

誰でもできるルーティングワーク<br class='sp-on' />よりも、<br class='pc-on' />オリジナルの<br class='sp-on' />クライアントワークを 誰でもできるルーティングワーク<br class='sp-on' />よりも、<br class='pc-on' />オリジナルの<br class='sp-on' />クライアントワークを
02/03

仕事の幅が広く、身の丈以上の
難易度だから、成長スピードが早い

ただし、手取り足取り教えてくれるような育て方ではありません。少数精鋭かつ上司や先輩たちは自主性を重んじ細かくは言わない環境なので、自律的に仕事を進めていく必要があります。コンサルタント経験ゼロから入社し、業務の各論を知らない私にとっては、これが最初のハードルでした。でも、裏を返せば自分次第でどこまでも挑戦できる環境。少数ゆえに多様なプロジェクトにアサインされ、システム導入支援、PMO、組織立ち上げ、BPR…と幅広いテーマを経験できています。

また、他社の大手ファームが扱うような大人数のプロジェクトであれば、「案件のスケールは大きくても自分の担当範囲は狭い」ということになりがちですが、私は「シニアマネジャーと私だけ」というプロジェクト体制も経験してきました。そんなプロジェクトだからこそ、他社ならもう少し経験を積まないと任せてもらえないような役割も、「やらせてください」と手を挙げれば挑戦させてもらえる。そうやって常に背伸びをしながら実力を磨いていける環境ですね。

仕事の幅が広く、身の丈以上の<br />難易度だから、成長スピードが早い< 仕事の幅が広く、身の丈以上の<br />難易度だから、成長スピードが早い<
社会の変化にも影響を及ぼすような<br />コンサルタントを目指したい 社会の変化にも影響を及ぼすような<br />コンサルタントを目指したい
03/03

社会の変化にも影響を及ぼすような
コンサルタントを目指したい

私が目指すコンサルタント像は、クライアントである企業の変革を実現することはもちろん、それを通して社会の常識が変わるような変化のきっかけをつくることです。だからこそ、企業のトップと一緒にあるべき理想の姿を描いて、既存の延長線ではなく非連続な変化も実現していきたい。そうしたポジションを確立するには、プロジェクトを遂行する能力を身に着けるだけではなく、コンサルタントとしてクライアントから信頼され、企業の未来を賭けたチャレンジを託される人になっていく必要があります。

アクティベーションストラテジーはその姿を最短で実現するための近道です。自分のやりたいこと、なりたい姿を素直に発信できる人には、その実現のステップとなるような機会を提供してくれる会社です。何より、人の役に立つことが心から好きな人が集まっている。クライアントや世の中に真摯に向き合える人なら、自分のやりたいことに思う存分チャレンジさせてもらえる環境です。